プロ翻訳とクラウド翻訳との違い

ヤラクゼンから翻訳を依頼する際は、プロ、ビジネス、スタンダードの3つから翻訳レベルをお選びいただけます。プロレベルを選択した場合、翻訳コーディネーターが案件に最適な翻訳者をアサインします。一方、ビジネスもしくはスタンダードレベルを選択するとクラウド翻訳が行われます。

プロ翻訳   クラウド翻訳
ある 納期 ない
特に高い 期待できる品質 高~中程度
翻訳コーディネーターが
最適な翻訳者をアサイン
翻訳者 クラウド上の様々な翻訳者
必ず見つかる 翻訳者の見つかりやすさ 見つからない場合もある
あり ダブルチェック なし
2週間 検収期間 72時間
(誤訳・訳漏れの差戻のみ)
できる 納品後の質問 できない
15円 単価 10円/6円
20言語 対応言語(日本語から翻訳) 7言語
20言語 対応言語(英語から翻訳) 17言語

プロレベルを選択した場合は納期が存在しており、案件は翻訳コーディネーターによって翻訳者に必ずアサインされます。

一方クラウド翻訳では、クラウド上に存在する世界中の翻訳者各々が案件を請け負います。そのため、納期は確定せず、”注文された言語ペアを扱える翻訳者がいない”などの理由から、翻訳者が見つからない可能性があります。また、”翻訳内容が難しい”などの理由から、一度請け負われた案件が手放される可能性もあります。

重要度の高いビジネス向けの翻訳依頼は、プロレベルでの翻訳依頼をおすすめ致します。